【超シンプル】Windows向けおすすめバックアップソフト≪MiniTool ShadowMaker≫【PR】

このページは、
バックアップソフト≪MiniTool ShadowMaker≫についてのページです。

このような方に向けたページです。

・使いやすいバックアップソフトを求めている方

このソフトは他のバックアップソフトと違い、
とてもシンプルで操作が簡単なことが特徴です。

今回は実際にバックアップを取りながら機能を紹介していきます。

それではぜひご覧ください。

使うための準備

ShadowMakerはこちらの公式サイトからダウンロードできます。↓

プロフェッショナルバックアップソフトウェア– MiniTool ShadowMaker
プロフェッショナルなバックアップソフトウェアとして、MiniTool ShadowMakerはさまざまなバックアップサービスを提供したうえ、復元ソリューションも備えています。

バックアップをする際には保存するための、
外付けハードディスクやUSBメモリなどの外部メディア準備してください。

バックアップ方法

ソフトを開くとこのような画面が表示されます。

ウィンドウ上の「バックアップ」をクリック。

バックアップの設定

ソース」の欄にバックアップしたいフォルダを指定して、
バックアップ先」の欄には用意した外付けメディアを指定します。

バックアップの実行

最後に右下の「今すぐバックアップ」をクリックすれば完了です。

復元方法

ウィンドウ上の「復元」をクリック。

復元の実行

復元したいもの「復元」をクリック。

バックアップしたはずなのに何も表示されない場合は、
右上の「バックアップを追加」からバックアップデータ追加することができます。

同期について

やり方自体はバックアップの方法とほぼ同じです。

バックアップとの違い

バックアップ」はオリジナルデータと”別な”ファイル形式の復元データを作成します。

同期」はオリジナルデータと”同じ”ファイル形式のデータを作成します。

バックアップと同期の使い分け

私なりの使い分けですが、

  • 「バックアップ」:基本的にこちらを使います
  • 「同期」:オリジナルと同じファイル形式のデータを保存したいときにこちらを使います。

管理について

管理タブでは、
一度バックアップ・同期したものを簡単に再実行ができます。

同期・バックアップの再実行

再実行したいものの名前を確認して、右側のボタンからできます。

最後に

このソフトは本当にUIが見やすく操作も簡単です。
なので試しに皆様も使ってみてはいかがでしょうか?

プロフェッショナルバックアップソフトウェア– MiniTool ShadowMaker
プロフェッショナルなバックアップソフトウェアとして、MiniTool ShadowMakerはさまざまなバックアップサービスを提供したうえ、復元ソリューションも備えています。

ちょっとしたことですが、
ファイルパスのコピペができないのが少し残念でした。

最後までご覧くださり、誠にありがとうございました。

コメント